FC2ブログ











サイレンススズカ 



サイレンススズカ
牡、栗毛、稲原牧場産(1994年5月1日生、1998年11月1日死亡)
父:サンデーサイレンス、母:ワキア、母父:Miswaki
栗東:橋田満厩舎
生涯成績:16戦9勝

”覚えていますか?”のコーナーは引退した馬の写真を載せたくて企画しました。

今回は悲しいことに、サイレンススズカの写真はありません。
1998年天皇賞(秋)のレース中に左手根骨粉砕骨折を発症診断を下されて、安楽死の処置を・・・この世を去っていきました。
この時、本当に府中の杜には魔物が住んでいると思いました。

サイレンススズカは個性的で美しくて速くて強い馬でしたね。
ここから大雑把ですが、時系列に思い出を語ります。

ダービーではサニーブライアンとマッチレースをするのでは、と期待をしていましたが、無理矢理控える競馬をしましたね。

河内洋騎手とコンビを組んだ天皇賞(秋)では前半1000mを58秒5のハイペースで先頭を走り、みんなを驚かせました。

香港遠征では超快速の逃げを披露して、香港の競馬ファンを驚かせました。
結果は残念なことに5着でしたが。
この頃から、武豊騎手が調教に乗るようになったのかな??。

3歳時はただ暴走しているように見えましたが、4歳になって大人の走りが出来るようになったサイレンススズカは負け知らずでした。

そして、宝塚記念で念願のG1優勝を。
騎乗していたのはピンチヒッターの南井騎手でしたね。
私としては武豊騎手騎乗で優勝して欲しかったんですけどね。

宝塚記念以降は手綱は武豊騎手がとりました。
秋の大舞台に向けてのステップレース。
無敗の後輩達と毎日王冠で直接対決しました。
後輩達に類まれなる快速ぶりを見せ付けて、完勝。
エルコンドルパサーが国内で勝てなかったのはサイレンススズカただ1頭なんですよね。

天皇賞(秋)では、圧倒的な一番人気に支持されました。
サイレンススズカが他の馬に負けるなんて、想像できませんでした。
でも、彼は自分自身との戦いに負けてしまいました。
自分の繰り出す快速に、体が耐えられなくなたのです。

直線に差しかかった頃に、左手根骨粉砕骨折を発症。
普通の馬なら、その場で転倒していただろうと言われています。
でも、サイレンススズカは安全な場所まで武豊騎手を乗せたまま退避しました。
武豊騎手のこと、大好きだったんでしょうね。
自分は怪我をしても、武豊騎手には絶対に怪我をさせたくないと思って頑張ったんでしょう。

レース後、武豊騎手は怪我の原因を聞かれて
「原因は分からないんじゃない、ないんだ」
っと答えたそうです。

あつかましいかとは思いましたが、サイレンススズカが逝った日にお悔みのお花をお贈りしました。
馬主さん、厩舎の方が大変丁寧なお手紙と一緒に、マフラーを下さいました。
写真は頂いたマフラーの刺繍部分のアップです。

さすがにその年には身に着けることができませんでした。
次の年からは、競馬場に着けていくようになりました。
そして、サイレンススズカに行って欲しかった社台SSにも着けていきました。

今年も寒くなってきました。
サイレンススズカと競馬場に行きますよぉ。

今週は天皇賞(秋)ですね。
府中の杜に住む魔物さん、おとなしく眠っていてくださいね。
スポンサーサイト




[2005/10/25 01:09] 覚えていますか? | トラックバック(-) | コメント(6)

おはようございます
ナイア@福岡です。
ブックマークさせていただき、いつも拝見しています♪
さて
無知な質問で申し訳ないのですが
怪我をしたお馬さんはなぜ安楽死という道をたどるのですか?
全てのお馬さんがそういうわけではないのかもしれませんが
そういう話を耳にするたびに、何故だろうと
いつも思うのです。
私は競馬のことはよくわかりませんが
サイレンススズカの記事、しんみりと読ませていただきました。
[2005/10/25 09:36] nyah [ 編集 ]

ナイアさん、こんにちは

専門用語だらけの長文を読破していただき、ありがとうございます。

馬の怪我なんですけど、程度が軽ければ治ります。
完治すれば、再びレースに出ることもできます。

ただ、4本脚で立っていられないくらい酷い怪我の場合はムリですね。
今まで4本の脚で体を支えていたのを、3本の脚で支えることになります。
1本の脚かかる負担が大きくなり、他の脚まで怪我や病気を発祥します。
治る見込みはありません、馬は苦しんで死んでいくだけです。
馬の苦しみを軽減するために安楽死の処置がとられます。

すみません、こんな説明しかできないです。

話は変わりますが、主人がガンダムのプラモデルの写真、撮ってくれました。
近いうちにアップしますね。
[2005/10/25 12:34] にゃこ [ 編集 ]

お馬さんの質問への回答
ありがとうございました。
そうですか、そういった事情だったのですね。
馬体重で結構ありますよね
走る姿が美しいから、そんなに体重があるとは思わないのですが。

さて、ガンダムのプラモデル。
楽しみにしています。
うちのるんもプラモ系が大好きです。
今はドラゴンボールのフィギュアを集めていますが
ガンダムはるんにとって、永遠のテーマらしいです(笑。
[2005/10/25 17:55] nyah [ 編集 ]

ナイアさん

最近の小学生ってドラゴンボール好きなんですかぁ???。
ちょっと意外でした。
[2005/10/25 20:03] にゃこ [ 編集 ]

凄い馬でしたよね

にゃこさん、こんばんは

本格化してからのサイレンススズカは本当に凄かったですよね。あのエルコンドルパサーでさえ完敗だったのだから。競馬歴が浅いせいもありますが、あんな走りは後にも先にもみたことないです。最後の天皇賞もテレビで観ていて最初は何が起きたのか理解できなきくらいのショックでした。その後、テレビの前で一人で涙流してました。

沢山の競馬ファンに感動を与えてくれたサイレンススズカに改めて感謝です。

もうあんな馬は現れないんだろうな・・・。

ミリオンダラーさん

コーナー発足当初と方向性がズレてしまって申し訳ないです。

でも、どうしても書きたかったのです、サイレンススズカのことを。
私の中では伝説の馬ですよ。
馬券の相性は悪かったけど・・・。

恥ずかしながら、書きながら、涙がこぼれてしまいました。

今年の天皇賞(秋)はいいレースになって欲しいです。
明日から、本格的に予想モードに入りますよ。
[2005/10/26 00:13] にゃこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する